リバベンオフィシャルブログ

日本リバーベンチャー選手権大会実行委員のブログです。
オフィシャルの日常を砕けた感じで自由気ままに綴っています。息抜き程度にご覧ください。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
レスキュー3
おはようございます。

副委員長兼安全対策の北崎です。


先程まで広報・松井と会場・押田とカラオケにいました。

この2人がやたら歌がうまくて、歌が苦手な僕としては非常に辛かったです。

おもわずネコミミモードという電波丸出しな曲を歌ってしまいましたよ・・・

案の定2人はカルチャーショックを受けている様子で「してやったり!」と思いましたが、それがただの恥の上塗りだっ
たことに気づいたのはついさっきです・・・

とりあえず無かった事にしたい・・・(´・ω・`)


では本題に入ります。

先日、もう1人の安対・高堀と保険PCの藤川と共にレスキュー3・スイフトウォーター・レスキュー・テクニシャン・レベル1(SRT−1)というレスキュー講習を受けてきました。

Swiftwater Rescue technician=急流救助技術者 な、なんてそのまんまなネーミング!イッパツでなんの講習だか分かりますね!!

この講習、実はなんと世界8ヶ国に支部を持ち、実際に活動が行われている国は15ヶ国にもなるようです。

去年オランダで開催されたユース世界大会に出場した藤川が、世界大会の会場でもレスキュー3のマークの入ったジャケット着ている人たちを見ているそう。

その話を聞いて改めて「マジモンの世界レベルじゃん!!」と驚きました。

もちろん講習は世界レベル、とくに実際に川に出ての実技講習は苛烈を極めましたが、全員無事取得することが出来ましたよ!!

こうしてリバベンに出場する選手たちを守る体制が固まってきています。

ですが今回の講習を受けて、リバースポーツに限った話ではないですが、自然のものをフィールドとしたことをするときは、なにより「自分で自分の身を守る」ということの重要性を再認識しました。

フローティングポジション、重要です。

最後に、今回お世話になったインストラクターの本間靖雄さんのおっしゃっていたことで一番印象にのこっている一言として「本当は僕も優柔不断なほうなんだけど、誰かの命がかかっているときにそんな事は言ってられない」がありました。

超人のような能力を持つ人だったので優柔不断というのは「?」でしたが、同時に「なるほどな」と思いました。

やすさん、2階に泊めてくださったカッパCLUBのみなさん、ひがきホテルの飯島さん、ありがとうございました!

コメント
from: 35回保険・PC   2011/04/17 1:39 PM
ナイス電波男!!

レスキュー3お疲れ様
from: 会場 押田   2011/04/17 11:26 PM
お疲れさまでした。
明日の懇親会で歌ってね
from: 広報・会計ひさの   2011/04/18 1:35 AM
結局カラオケ行ったんだwww

レスキュー3お疲れ様!
セルフレスキューさえできればあたしも・・・
なんてねー!!

3人とも良い顔してんね^^
3人の頑張りは他の人の活力になるよ!
from: 安対・北崎   2011/04/19 1:50 AM
>ひさの
よくよく写真見たらみんなやり切った顔してるよなぁ。そう成れるといいね。
>藤川
ただの筋肉もお疲れ様。
>おっしー
押田氏ねw

コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。