リバベンオフィシャルブログ

日本リバーベンチャー選手権大会実行委員のブログです。
オフィシャルの日常を砕けた感じで自由気ままに綴っています。息抜き程度にご覧ください。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
こんにちわ!
こんにちわ!北崎です!

やれケータイ壊れた〜だの、やれ授業だ〜だのやっていたら、いつのまにやらリバベンから2週間以上も経ってしまいました。

ブログの更新が遅くなってしまってすいません。


リバベンのメールアドレスに、僕にとって、とても嬉しいお言葉のはいったメールを頂きましたのでご紹介させていただきます。

「みなさんの最後のメッセージは反省ばかりが目立ったように思いましたが、計画通り実現できたところもあったでしょうし」という一文です。

確かに多くの反省点が残るものでしたし、そこは素直に反省しなければなりません。しかし実際には、安対としてリバベンの過去の事故例や、レスキュー3の講習をとおして感じたセルフレスキューの重要性から、リバーナイフの規定の強化などをすることが出来ました。

リバーナイフなんていうのは、普通に使うものではありませんし、もしかしたら一生使う機会なんて来ないものかも知れません。

ですがもし非常時に、それが機能しないばかりに事故につながってしまうのは、とても悔しいものです。

それに地味に高価で、物によっては安いPFDや、プロテックのヘルメットが買えてしまうほどのものです。

もちろん学生にはとても痛い出費となります。

リバーナイフの規定の強化は、形としてはそれを選手たちに強制してしまう形になります。

ですから今回の試みは、選手の皆様のご協力無しには実現できませんでした。

改めて御礼を申し上げます。

これからも皆様が安全にラフティングを楽しんでいただけることを祈っています。


じゃあ愛をこめてパート3
 こんばんは第35回オフィシャルから愛?というより感謝をこめて、会場担当の押田です。

今大会も生憎の雨となりました。この毎年の雨もリバベンといえばリバベンらしいですが、会場担当としてはやはり青空の下でリバベンを開催したかったというのが本音です。

今年はラフト、ダッキー合わせて44チーム166人の選手の方とサポーターの方が開催地のみなかみ町に集まってくださいました。
昨年から行われているみなかみ町の方による飲食屋台いかがでしたか?僕も気になるお店があったんですが大会当日は一軒もお店を回れませんでした。町の方と話をしながら色々食べたかったです。
今年は昼休みに町のヒップホップダンスグループの方にお願いして、ダンスを披露していただいたり、小山様のご協力で閉会式の前にはライブもしていただきました。選手の方に少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。
ただあれだけ予告をしていて樽取りができず、楽しみにしていた方申し訳ありません。買った樽は36回大会に引き継ぎました。来年樽取りをやってもらえるとありがたいです。

今回大会を運営するに当たって様々な問題にぶつかりました、でもその問題を解決できたのは今回集まった13人のオフィシャルの仲間とみなかみ町の方々、当日運営を手伝ってくださった34オフィシャルの方やサポーターみなさんのおかげです。

第36回大会はどんな大会になるのでしょうか?僕らは今まで受けつがれたこと、今大会からの試み、今大会で良かったところも悪かったところもしっかり引き継ぐことで第36回のリバベンが素晴らしい大会になるよう微力ながらサポートしていきます。

最後に第35回オフィシャルのみんな、ありがとう!!
写真は前日の清掃大会の様子。選手のみなさんありがとうございました
愛をこめて パート2
皆さん、大会お疲れさまでした。天候の悪い中、沢山の人に集まって頂き、ありがとうございました。

こんにちは、渉外の家崎です!まだあまり大会が終わったという実感はわきませんが、終わってしまいましたね。寂しいです。

選手の方は最大限の力を発揮できたましたか。楽しめましたか。至らない点もありましたが、私達14人は精一杯頑張ってきたつもりです。

私がこの大会に参加し、思ったことはリバベンは進化し続ける!ということです。今回、競技や会場で新たな試みがありました。ですがまだまだやりたいこと、アイデアは沢山あります。学生の力が発揮できる、リバベンこその強みを生かして、これからのリバベンがよりよくなることを期待しています。

そして渉外をやって思ったことは、ラフティングというスポーツが沢山の人に支えられてできていること。東北大地震が発生し、開催が危ぶまれたこともありました。しかし、沢山の人に支えられ、励まされ、無事に終えることができました。感謝しています。

リバベンが開催できて、そのメンバーの1人として携わることができて、良かった!
って本当に思います。
なんだかまとまりのない文章になってしまいましたが

私達を支えてくれた全ての人に
私達を熱くさせてくれるみなかみに

ありがとう!!


ロシアより愛を込めたが、伝わった?

どうもロシア支部長の荒井です。

選手の皆さん、オフィシャルのみんな本当にお疲れ様でした!ロシアから様子をうかがっていたけど、なんだかんだでいい大会になったと思います。最後の神大コールに参加できたこと、プライスレス笑

賞品で出したウォッカはどのチームがゲットしたんでしょうか?

僕は大会当日は会場にはいられなかったけどちゃんとこっちでリバベンの広報活動をしていました!
まあ言葉がまだ3歳児レベルなので、リバベンや日本のラフティング環境などの深い話はできませんでした。
でも、「リバベン=ラフティング=хорошо(良い)」と「酔雅=ужасный(最悪)」は何とかわかってもらえたと思います。明日も小学生たちの前で話す機会があるので、ロシアのちびっこたちを洗脳してきます!
僕は、いつかリバベンのオフィシャルにロシア人が加わること、海外のチームがリバベンに参加してくれることを夢見ています。

今この記事を書いていると、オフィシャルのみんなと過ごした日々が少しずつ、甦ってきます。
大会が終わってから(厳密にはロシアに行ってからですが)気が付きました。
オフィシャルをやってて良かったと。
終わってから気づくなんて、アホだなと思います。

つまんない時、だるい時たくさんあるけど、物事はいいこと、楽しいことだけでないことは当たり前。
そんな中で楽しいことや辛酸を共有する仲間がオフィシャルのみんなです。

「オフィシャルっていいぜ!」

P.S. あきちゃんへ、大量の仕事を残していってしまい申し訳ありません。
それでは来年も水上であいませう!

いよいよ
 こんばんは。みなかみより会場担当押田がお届けします。
いよいよ明日は最後の公式練習ですね。そして明後日は大会本番ですね。現在みなかみには続々と選手のみなさんが集まって練習を初めています。大会までの最終調整頑張ってください!!

さてこの度発生して東日本大震災の義援金のお願いを前回したと思いますが、今回リバベンでは「廃校に泊まろう」というプロジェクトをされている小山飛鳥様にご協力を頂くことになりました。
本来5月28日、29日に栃木県の廃校でイベントを開催予定だったのですが、今回の震災で会場である廃校が被災者の方々の受け入れ先となった為中止となり、今回リバベンの会場で被災者の方々の為のチャリティーイベントを行いたいということでご協力をお願いしました。

今回は「廃校に泊まろう」のプロジェクト同様、様々な授業に沿った形でご協力を頂くことになったのでご紹介いたします。
[家庭科]…ぶっかけ肉うどんと炊き込みご飯の出店。また福島県のお酒の販売
[美術]…カメラマンによる競技中の写真の展示、配布
[音楽]29日の15:00~15:30まで水紀行館ステージでシンガーソングライター[でしコ]さんによるアコースティックライブ
小山様の企画で発生した売上は義援金として寄付されます。

また大会本部では募金箱を設置し義援金の募集を行います。こちらで募金にご協力をいただいた方には小山様が作ってくださった[PADDLE FOR JAPAN]のステッカーをお配りします。
写真をアップしたいのですが僕の力ではできないので会場でご確認ください。

さて本番まであと2日。明日は練習後に清掃大会があります。お世話になっているみなかみ町を綺麗にしましょう。
それではみなかみでお会いできるのを楽しみにしています。
公式練習
こんにちは、渉外の家崎です。

荒井くん、無事にロシアに着いたようですね。オフィシャルメンバーが1人減ってしまうのは寂しいですが、ロシアで頑張ってる荒井くんの分も頑張らねば!と思いました。
そんなオフィシャルの気持ちが選手の皆様に届いていたら嬉しいです。


さて、私からは温泉割引の告知をさせて頂きます。
本日は源泉湯の宿松乃井様です。
温泉街から少し離れていますが、大きな看板で分かると思います。
内容としましては
○大会期間中
○12〜16時(16時までに受付をお済ませ下さい)
○800円
にて日帰り入浴を提供頂いております。

少々お値段は高めですが、落ち着いたたたずまいに疲れも癒されるのでは。

入館される際は配りました割引券、もしくは口頭にてリバベンですとお伝え下さい。

ランチも行っていますので、応援の方等にも是非お伝えください。



それでは、本日も気をつけて練習に励んで下さいね!
練習を頑張ったら何かご褒美が…待っているかもしれないです。
ロシアより入電です。
 みなさんこんにちは!
無事にロシアに着きました。
オフィシャルのみんなには一番忙しい時期なのにいなくなってしまうし、出発前に壮行会を開いてくれたり、たくさんの餞別をもらったのに、何もお礼ができなくてごめん!頭が上がりませんです。

選手のみなさんは会場では会えませんが、僕たちが作り上げた35回リバベンを存分に楽しんでいただければ嬉しく思います。リバベンのあの興奮、ドキドキは年に一回しか味わえないので、悔いの無いように、昼も夜も最後まで闘志を燃やし続けてくださいね。リバベンロシア支部として本場のウオッカを賞品として送るので、勝利の雄叫びとともにカーッと一杯チームでやってください。

そして来年もリバベンを開催するために是非オフィシャルをやってください。なんだかんだで一生忘れられない思い出になるでしょう。騙されたと思ってやってみるのも案外おもしろい結果が待っているかもしれないですよ。

私事ですが、ロシアに着いて4日目、一つ心配事があります。
それは、「向こう一年間ロシアで生きていけるか」ということです。
ロシア語が全く分からない。。。日本語はもちろん英語も通じない。ルームメイトはアルメニア人ですが言葉がわからず、一日の会話?は笑顔のみです笑

まあ日々精進して頑張るので、選手のみなさん、オフィシャルのみんな、それに日本のみなさん
進む道は違えど、それぞれの道を切り開いていきましょう。
さよなら〜
おとく情報
こんにちは、渉外のいえざきです。やっと普通の声に戻りつつあります。長い風邪でした。


選手のみなさん、公式練習お疲れさまでした!湯原橋に派遣された私はハイウォーターに終始どぎまぎしてました。
そしてオフィシャルのみんなもお疲れさま。名誉の負傷だったね。


さて、私は渉外ですので、お仕事したいと思います。長らくご無沙汰してしまいましたが、
みなかみ紹介パート2です!
今回はガソリンスタンド水上石油様です。
水紀行館横のガソリンスタンドで、リバベン期間中は特別に会員価格での提供となります。
リバベンです、と声をかけて下されば大丈夫です。
きっとポスターがお出迎えしてくれると思います。


それから告知です!!
来週の公式練習に参加された方には、先着60名様位に何かいいものがあるかもしれないです。
ぜひぜひお楽しみに!

でわ、また来週。
みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。


渉外、いえざきでした。
選手の皆さん!!

拝啓、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

早いもので大会本番まで約2週間となりました。
本年度は、震災の影響もあり思うように練習ができていないチームもあるとは思いますが、
選手の皆さん、練習は順調に進んでいますか?

競技として選手のみなさんの実力を存分に発揮してもらえるよう
現在、色々と試行錯誤しながら準備を進めています。
みなさんにとって第35回のリバベンが記憶に残る大会に!!
と頑張っている所存です。
至らない点も多々あるとは思いますが、温かい目で見守っていてください。
必ず記憶に残る日本リバーベンチャー選手権大会にします。
競技担当 田中 
敬具



はいはーい

僕のキャラじゃないので、お堅めはここまでにして

それでは改めて・・・・・・



お久しブリーフです
ニマン
競技担当のたなちゅーこと田中ですアハ


本日は、競技の軽辺と田中の2名で

利根川ダム統合管理事務所という場所に行ってまいりましたニマン

本日の訪問の目的はいうまでもなく、
リバベン当日のダムの放流調整についてのお願いです

現在みなかみ湯原の水位は5.25mですよ

こりゃお願いするしかないですよねー

ご存知の通り、大会規定で
みなかみ峡は水位4.0m以下
諏訪峡は水位3.8m以下じゃないと航下できない決まりですハハハ

なので大会を無事に行うため、ないし選手が安全に航下できるようにするため、
利根川ダム統合管理事務所に水位を調整していただくようお願いにいってきましたニマン

お願いと言っても、訪問内容は普通に会議でしたワ―オ

利根川ダムの方、東京電力の方、水道局の方、みなかみ町観光商工課の方や
カッパクラブの小橋さんなど、総勢16名での会議でした

雰囲気的になかなか緊張しましたコワー

僕たちオフィシャルの意見は
ほとんど軽辺くんに喋ってもらったんで、
僕は聞いてるだけで空気のような存在でしたガ―ン

でも癌じゃないから心配しないでくださいね…うるさいワラ―イ

とりあえず、今年は水量の調整が難しいみたいで・・・

でも前向きに検討してくれるはず。そう思う。
利根川ダムの力を、信じてる。
↑ACのCMのトータス松本を意識したのは秘密ですニマン

文章だけで気付いた人がいるなら、あなたは天才です。

それじゃあ書くの疲れたから終わりにしマウス



それではまたの機会に

アディオス











初任地は湯原橋!
 
こんばんみ!

じめっとした日には冷たーいビールが合いますね。
やっとあの美味さを知った広報・会計の山岸です!



先週末は公式練習第一回目お疲れ様です!
私は二日とも朝から湯原橋の方でお仕事をしていました。

私たちは水明荘から紅葉橋間、レシーバーで連絡を取り合っています。
湯原橋はちょうどレシーバーの電波の途切れる場所なので、上流側と下流側の接続部的な場所にあたります!

なので・・・


レシーバーも2つ持たせて貰えます!!
私はこういう事に喜びを感じます笑

実際両方から話しかけられるから大変でした・・・。


湯原橋からは法政岩が見えます!


そして残雪の山!
天気が良いと景色もきれい!

ちょこーんと小さく船が一艇いますが、
拓大OBチーム「HOXO feat.Tasse」です。
携帯から撮ったのですっごいわかり難いです。


川を見てると何やら後ろの方で
シャンシャンシャンシャン
パッカポッカパッカポッカ

ん?と思い振り返ると・・・



シャンシャン馬車!
おっきい馬ですねー。


途中34回オフィシャルのみなみさんから差し入れ頂きました!


頂いた日はちょうど飲み物を買う時間がなく春藤からパクッた
缶コーヒーしかなかったんでめちゃくちゃうれしかったです^^
(コーヒー飲むと70%の確率でお腹ゆるくなるから飲めませんでした)

みなみさんはアコンカグアさんと行動していて、
湯原にちょうどきたときに法政岩でハプニング
がありアコンさんには大分助けていただきました。

もーホントいろいろありがとうございますm(,,)m
一人でプチテンパってたんでかなり心強かったです!

ハプニングこそ冷静に対処しなければ大きな事故
にも繋がりかねませんね。
今回の事で学んだ事が沢山あったのでよかったです!


湯原橋は観戦したり写真とったりしやすい場所なのでいろんな人が来ました!
一人のときはウトウトしてしまったりしたけど、いろんな方々とお話しできたので楽しかったです!

湯原橋は私のお気に入りスポットにしておきます^^

あとは強風さえなければ・・・なんてねっ!



夜はピノキオの石坂さんと石坂さんのお知り合いの方々
と飲み会がありました。
商店街にあるスナックで行われたんですが、なんとそこで
1年生のとき別の団体活動でお世話になった方と運命の
再会を果たしたんです!

世間は狭いなーと感じました。


今週末は公式練習と同時に
みなかみエクストリームも開催されます!
ハイレベルな戦いが諏訪峡で繰り広げられます。
練習に参加される方は是非時間を見つけて観戦して
みてはいかがでしょうか^^

現在水位が大分高いので公式練習に影響が
出ないか心配です・・・。
ちょうど良い感じの水量に落ち着くことを願いましょう!!

ではでは長くなったのでこの辺で、ばいなら(◎ω◎)/