リバベンオフィシャルブログ

日本リバーベンチャー選手権大会実行委員のブログです。
オフィシャルの日常を砕けた感じで自由気ままに綴っています。息抜き程度にご覧ください。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
35回オフィシャル募集!
 皆様こんばんは。34回オフィシャルPC担当の松尾(キャベツ)です。
お久しぶりです・・・と言っても34回オフィシャルはちょくちょく川には出没しているので久しぶりじゃない人も結構いるかと思います。
リバベンも終わり、このブログもオフシーズンとなっていました。
しかし、まあ今回更新したのはもう2週間ちょっとに迫ってきたからです。

そう

35回オフィシャル説明会!

11月10日に早稲田大学にて開催されます。

詳しい資料はこちら

資料中でも触れている通り、リバベンは放っておいても続いていくものではありません。
毎年、運営が学生から学生へと受け継がれて僕達の代で34回目、次回で35回目になります。
今までリバベンに選手として携わってきた学生さん、特に来年のオフィシャル候補の3年生の方はどうか考えてみてください。
この大会が来年以降も続くように、後輩達が全力の熱意を注げる場所を作ってあげられるように・・・
来年以降、この大会を作っていくのはあなた達です。もちろん僕達もサポートできることはサポートしていきたいと思います。

オフィシャルとして動く時期は就活とか卒論とか忙しい時期ではあるかと思いますが、やってみて「やるんじゃなかった!」なんて思う人はいないと思います。終わった後の充実感、一生モノの仲間、色々な人との繋がり・・・得る物は沢山あります。

資料を読んだり、先輩の話を聞いて少しでも興味が沸いたようなら是非11月10日に早稲田大学にいらしてください。皆さんと会えるのを楽しみにしています。
リバベンを終えて
 どうもこんばんは。
「副委員長 兼 会場 兼 PC」担当の松尾です。
ご無沙汰しておりました。

事後処理等に追われていますが、休憩がてらブログを更新してみます。

34回大会はとりあえず大きな事故も無く無事終了しました。
大会自体は終わりましたが、これからも暫くはHP更新など色々とやっていく予定なのでもう少しだけお付き合いください。


今大会はリバベン維新というキャッチフレーズの下、6ヶ月間運営をしてきました。
この大会でリバベン、ラフティング界に大きな影響を残したい。変わっていくきっかけを作りたい。
もちろん良い意味で・・・。
だからこそミスは出来ない。やれる限りのことをやる。
そう理解はしていたんですけど、実際の所は

「ホントにやれる限りのことをやったのか?」
「もっとやれることはあったのではないか?」

など後悔をしてしまうような場面もちらほらありました。
リザルトミスのような大きなミスから必要なペンの数のような小さなミスと過ちは数え上げたらキリがありません。
ご迷惑をかけた皆様には本当に申し訳なく思っています。
下の記事で本木も書いてますが、それを僕らが嘆いても何かになるわけでもなく
それを今後如何に挽回していくか、如何に35回以降の大会に繋げていくかか重要だと思っております。


さて、上でネガティブな事書いてますが今回の大会、良い方向に動いたことも確実にあります。
自分が感じたものとしては

「リバベンがよりオープンでクリアなものになったこと」
「それに伴い、地元の方や協賛企業の方、応援してくださる皆様方との繋がりが一気に強くなったこと」

です。
そういう風に変える事が出来たのもついてきてくれた選手の皆さんを始め、今大会の理念に賛同してくださった皆様あってのことです。
特に会場担当をやってて「地元の方との関わり方」というものが大きく動いたのを感じました。
今回は昼夜共に飲食屋台の出店をして頂いたり、水紀行館でのナイトステージ開催にあたって一緒に企画を練ってくれたりと様々な協力をして頂きました。
来年以降大きく変化するきっかけは確実に出来たと思います。

今回の大会でリバベンが数え切れないほど沢山の人に支えられて成り立っていることを知りました。
終わってみるとそれらの人には感謝の気持ちで一杯です。
そして、今回13人で一緒に34回オフィシャルが出来たことを誇りに思います。
お疲れ様でした。クサいけど君達と過ごした半年間は一生の宝物です。そして、これからもよろしく!


さて、リバベンが終わって燃え尽きてもいられないです。皆さん、ラフティングのシーズンはこれからです!
個人的に7月にはユース世界大会もありますし、同じ学生がリバベンで一生懸命漕いでるの見てると俺も負けていられないという気持ちにもなってきます。

ちなみにこちらがユース代表ブログ、34回オフィシャルからも4人参加しています。
出発まであと一ヶ月切りましたが頑張っていきたいと思います。


長くなりましたが最後に・・・

リバベン、ラフティング、そしてそれに関わる全ての方へ。

ありがとうございました。

こんな感じで閉会式挨拶できればよかったのに緊張と疲れと感動で頭が真っ白になり、何喋ったかよく覚えてないキャベツでした。

リザルト
こんにちは。委員長の本木です。

第34回リバベン閉会から一週間が経ちました。
金曜に掲載した確定版リザルトと重要なお知らせはご覧になって頂けたでしょうか。


私は、昨年の第33回リバベンに選手として参加して、1つ気付いたことがあり、
同時に心に決めたことがありました。

気付いたことは、スポーツの練習というのは、過程ももちろん大事だけれど、
やはり最終的に誰かに評価される、客観的に評価されるということが前提にあるからこそ
頑張れるということ。

心に決めたことは、日本のレースラフティングにおいて重要な位置を占めるリバベンに
おいて、その前提は絶対に崩れてはならないし、そのために自分ができることをしたい
ということでした。


2009年12月21日の私のノート。「第03回オフィシャル全体会議予習」の項目に
次のようなメモがあります。

「議題1:リバベンのコンセプトについて
 ・競技性の向上。リバベンの順位が長良に匹敵するステータスを持つように。
  34年分の歴史の重み。
 ・成果が分かる大会に。=採点ミス0」

私が今年オフィシャルをやろうと決めたのは、昨年のリバベンよりももっと良いリバベン
を作りたいと思ったから。そのために自分のできることをしたいと思ったから。

オフィシャルになって、仕事を進めていくに従って、リバベンをよりよくする方法は
いくつも出てきました。その中でできそうなことは他の部署と協力して、出来る限り
実現するようにしてきました。
その中でも、初心である「計測・集計ミス0」は常に意識していました。





けれど。

当日自ら集計に携わったにも関わらず、結局その目標は達成されませんでした。

半年間自分は何をやってきたのか。悔しくて、確定版のリザルトの審査作業が終わった時
はパソコンの画面の前で呆然としていました。

でも、私がいくら悔しがったところで、表彰で計り知れない迷惑をかけた方々にも、
今年のリバベンの順位にとても重要な意味を見出して大会に臨んでいた方々にも、
何の報いにもなりません。

できることは、このミスを如何に挽回し、次回大会に繋げるか。
冷静に今回のミスを見直してみて、今のリバベンがぶつかっている限界も見えてきました。
それは、ヒトだったり、時間だったり、お金だったり、いろいろな要因が絡まっている
ものですが、半年間委員長という仕事をさせてもらった自分に、できることはまだ残っています。

先日代表者の方にはメーリスで流した通り、第34回リバベンは一応閉会式を迎えましたが、もう少しだけ、続きます。

今回のミスで、後味悪い形で今回のリバベンを終わりたくない。

最後の最後、とにかくできることを精一杯やって役目を終えたい。

私のただのわがままかもしれませんが、どうか最後までお付き合い頂ければ幸いです。


「今年の大会良かったよ」と言って下さった皆様の気持ちを裏切らないように、
全力で残る職務にあたりたいと思います。
本日みなかみ入り
リバベン開催まであと2日!


こんばんは。副委員長の方の松尾です。
携帯から失礼します

ついにオフィシャルも今日からみなかみ入りします。ギリギリまでPCとにらめっこしてたら集合時間に間に合わなくなってしまったので途中までは電車で揺られていきます。

もう大会終わりまで家には帰れません。前準備の段階は終わりました。
あとは準備したもので如何に現地で高いパフォーマンスを出せるかの勝負です。

では皆さんみなかみでお会いしましょう。

ブログ見てますと声をかけてもらうのが夢のキャベツでした

原田農園
 どうもこんにちは。

先週、原田農園で焼き肉が食べたくて、いろんな大学を誘ったところ、63名も集まり、大宴会に発展させてしまった松尾です。
シュガーは肉を食えて大満足だったみたいですが、みなみは腹痛に冒され、焼き肉の光と闇を見た気がします。

さてさてついに今週は大会ですね!

もう緊張ですよ、はい。

安対で考えた配置でレスキューは万全か?最近はこんな考えばっかです。

とりあえず、今日からオフィシャルは出発です。

みんなから楽しかったと言ってもらえることを夢見て、がんばります!!

ではでは、みなかみで会いましょう!!
お腹いたいYO!
 おつです。
前回の公式練習最中に原因不明の病にかかり、39度の熱とお腹の激痛と戦ってる…

渉外会計のみなみで〜す♪パチパチパチ

今回は闘病中ですが、なんと…ついに…

渉外会計のお仕事紹介をします。(恐いY田リーダーからの指令!笑)

という冗談はさておき、渉外会計をやりまして一番に感じる事は次の代に影響が大きい部署だなって思います。今年は協賛もらえても、私たちがしっかり企業の方々に対してしっかりした態度で接していなければ、次の年から協賛をもらえないどころかリバベンの印象も最悪になってしまいます。
新規企業へのアタックは、当って砕けろです!
宝くじのような感覚でいくとガッカリしないと思います。

企業に還元しよう。貰うばかりが仕事ではなくて、協賛してくれた企業がリバベンに協力して少しでも経済効果があるように宣伝をしたり、出展をしていただいたりするのも重要なお仕事です。渉外の中で会議したり、企業の方と相談しながら考えたりといろんな方法があるわけなんです。


渉外会計を担当してお得な事は…


社会をいち早く見れるぞ!
相手は社会人です。こわいです。でもただの学生をやってたら社会に出るまで感じれないでしょう。
回数を重ねて電話対応が上手くなった気がします。社会勉強だーね。

ウゥ…

長くパソコン前にいたせいか、チョーーーーお腹痛い。腸だけにね!ってやかましいわ


こんな感じで仕事内容わかったよね!
わからない人は直接話すから電話して!

それではまた本番で。

おっチョコレート♪



あーした天気になぁーれ!
 本番まであと4日


こんばんは。PC担当の松尾です。
団体によっては明日あたりからみなかみ入りするところもあるのでしょうか?
もしくはもう入っている団体もいるんですかね・・・

オフィシャルも全部署、
最後の詰めの段階です。明日にはみなかみ入りする部署もあります。
自分は会場とPC担当なので、HPの更新からPVの作成、各イベントの段取りの確認などですね。タイヘンタイヘン


現在みなかみの天気はあまり良くないっぽいですね。
この天気が本番の水位にどう影響するかとても気になります。
4mは超えないでほしいところですね。

さて、本番の天気は日曜が若干雨が降りそうなのが残念です。
選手の方はもちろん大会を見に来るお客様も雨具の用意をお勧めします。

てるてる坊主でも作りますかね。


追伸。HPの方に新しい資料などが掲載されているのでご確認ください。
リバベン特別宿泊プラン
 こんにちは。渉外・会計の中村です!!

今年もたくさんの協賛企業の方たちに支えられながら、リバベンを開催することができます。本当に感謝しております。

皆さんもご存知の通り、水上町は全国的にも有名な温泉郷です。今年も2つのホテルに、リバベン本番限定の特別宿泊プランを考えて頂きました。

ひがきホテル

宿泊プランは以下の通りです。
        (5/28・30)  (5/29(土))
●2名利用時  8000円    10000円
●3名利用時  7000円     9000円
●4名利用時  7000円     8000円
●5名利用時  7000円     8000円
●6名利用時  7000円     7000円

※なんとお部屋は、大会のコースも見ることのできるリバービューです!!
詳しい情報;http://www.higakihotel.co.jp/plan/plan.html?planid=0160


宝ホテル
(今年から協賛いただきました。)
宿泊プランは以下の通りです。29日限定プランになります。
                        

●1泊2食付プラン  ,400円   チェックイン15001000  
                        チェックアウト
1800〜 800

  

●レイトイン朝食付きプラン ,300円   チェックイン20001000  
                         チェックアウト
800〜 

 

●レイトイン素泊まりプラン ,250円  チェックイン20001000 
 

※申し込みはお電話にてお願します。その際、「リバベン大会関係者限定宿泊プラン」とお伝えください。TEL:0278−72−3770    

 

★どちらも水上温泉を代表する素晴らしいホテルです!また温泉街にありますので、大会本部のある水紀行館まで徒歩で行けます。リバベンを楽しみつつ、この機会にぜひ宿泊してみてはいかがでしょうか(*^_^*)

水量5.8の水上
本番まであと5日!

こんばんは。競技のシュガーです。

いよいよ、今週末はリバベン本番ですね。スラローム担当なので、「ゲートが難しすぎて誰も通れないとか」とか「簡単すぎて面白くない」とか言われないか不安な毎日です。

今日は競技の準備でみなかみに居残りでした。
しかし、居残りも良いことがありますね。
水量5.8Mの水上を見ることができました。
スリーウェイズは中洲がなくなりただのざら瀬になっており、むしろ大鹿橋の下流の方が凄い瀬になっていました。
法政はいつも左岸にでている大岩が水をかぶっていました。
紅葉橋もいつもボートを上げる川原はなくなり、新たな瀬ができていました。

諏訪峡は逆にいろいろ潰れていました。
本番は水量が3.6M位がいいですね。
間違えても4Mは超えてほしくはないですね。

早くみんなに言いたかったのでこんなまとまりのない記事にしてしまいました。
全力投球
 リバベンまであと6日!


こんばんは。PC担当の松尾です。
日付変わってるやないかい!っとツッコまれないか心配です。

さて、公式練習終了して今家に帰ってきました。
今回の公式練習ではフリップ、脱沈が相次ぎ
何故か選手の皆さんと焼肉食い放題行ったりと色々ありました。
オフィシャルの不手際が目立つ場面もありました。
申し訳ありませんでした。改善すべき点は改善していきます。


残すは直前の公式練習と大会本番のみ。今日の反省会であと1週間で各部署がそれぞれ何をやるのかを話しました。大量にやることが残ってます。
妥協をせずに限界ギリギリまで頑張らないと後悔が残りそうです。
なのでリバベン終わってから心の底からお疲れ様でしたと言える様に頑張っていきます。



さて、PC担当から一つ。
これからの一週間はHP上で重要な情報が頻繁に公開されていきます。
大会直前になってしまい、本当に申し訳ない限りですがこまめにHPのチェックをお願いいたします。